ハーブの話

 ローズ

ローズには女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用があります。
肌の調子を整え、アンチエイジングや月経前の不安感やイライラ、
更年期障害の症状なども緩和する力もあります。

美しく、女性的な魅力を引き出したい方にはぴったりのハーブだと
言えるでしょう。   

 タイム

タイムには、殺菌効果と抗ウイルス作用の強さはハーブの中でも
ナンバー1といわれています。
そのため、気管支からの感染症や風邪の予防に効果があります。

 ローズヒップ

ローズヒップには、緩下作用や利尿作用があり、お通じがよくなります。
抗菌、抗ウイルス効果があり、風邪を予防します。
さらに、アンチエイジングやホルモンバランスの調整にも効果があります。

 ラベンダー

ラベンダーには、神経を安定させ、不安やイライラを解消する効果があります。
緊張からくる高血圧や偏頭痛も改善されます。また、皮膚の炎症を鎮める効果も
あります。

 ペパーミント

ペパーミントには、胃の不調時に消化を助け、腹痛や胸焼け、胃けいれんを
緩和する効果があります。
また、精神的な緊張やイライラを解消し、無気力や抑うつを改善する効果も
あります。

 フェンネル

フェンネルには、消化不良や便秘、お腹の張り、体のむくみに効果があります。
食欲を抑え、胃を強くするため、ダイエットに効果的です。
消化器系の痙攣や眼精疲労、女性ホルモンの活発化にも効果があります。

  • アメブロ
  • Facebook